リーガロイヤルホテル京都のウエディングで、
みなさまに祝福されるおふたりの理想の結婚式を。


2021年11月28日 N・Oご両家様


歴史があり信頼できるホテルで、お料理がとても美味しかったことが決め手になりました。
京都駅近くで、定期的にシャトルバスが運行していてアクセスが良いのも、選ぶ際のポイントになりました。

挙式の様子です。光のチャペルはシーンごとに色が変わるのが幻想的で、聖歌隊の歌も合わさってとても感動的でした。

桜の綴れ織りが印象的な「春秋」で披露宴を行いました。上品かつ華やかな雰囲気がとても素敵です。ウエディングケーキは、打ち合わせでお伝えしたイメージ通りで、可愛く仕上げてくださりました。

デザートのクレープの写真です。料理は、私たちが一番こだわっていたポイントなので、フルコース試食会で食べ比べをして、お気に入りの料理を決められたのが良かったです。どれも美味しく、ゲストからも「料理がとても美味しかった」と言ってもらえました。デザートにクレープフランベが選べるコースだったので、演出の一つとしても楽しんでもらえたと思います。

当日のブーケはウエディングドレスとカラードレスで兼用にしたため、両方に合う色合いで作っていただきました。大まかな色味と形以外はお任せにしていましたが、どちらの衣装にもぴったりでとても素敵でした。

ホテルやチャペルの雰囲気がお気に入りだったため、前撮りもホテル館内で行いました。式当日にはゆっくり撮影できないような場所でもたくさん写真を残すことができたので、良い記念になりました。

 

私たちの結婚式は、コロナの影響で当初の予定から1年以上延期になり、規模も親族のみに変更しての実施になりました。先の状況が読めず不安もありましたが、当日はきちんと感染症対策もしていただき、安心して楽しむことができました。長い準備期間になってしまいましたが、担当のプランナーさんが励まし支えてくださったおかげで、前向きに準備を進め当日を迎えることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

一生に一度の結婚式を、リーガロイヤルホテル京都で挙げることができ、本当に良かったです!


料理
Wケーキ
アイテム
こだわり

ページトップへ戻る