リーガロイヤルホテル京都のウエディングで、
みなさまに祝福されるおふたりの理想の結婚式を。


2021年3月28日 田中・阿部ご両家様


コロナの影響で親族のみでの挙式、披露宴を考えていたため、対策などの面で安心できるホテルを探していました。お料理もとても美味しく、披露宴会場も素敵な会場が何種類もあり魅力的でしたが、何よりも様々な色に移り変わる万華鏡のようなステンドグラスのチャペルに一目惚れしました。

チャペルで夢のフラワーシャワー、皆さんからの祝福を一身に浴びる想いでとても幸せでした!  

ファーストバイトの前のお手本バイト。プランナーさんや司会者の方にご提案いただき行いましたが、両親の新鮮な姿を見ることができ、親族の皆さんからも当日は大喝采、後日談でも大変好評でした。

桜が満開の3月末に結婚式を挙げることができたため、新婦の名前「さくら」に因んで桜をテーマにした結婚式、披露宴にしたいと考え、リングピローや色打ち掛けの模様など様々な部分に桜を取り入れました。何よりもこの桜のウエディングケーキがお気に入りです!希望通りに素敵なケーキに仕上げていただき、パティシエさんに大変感謝しております。味も抜群でした。

お色直し後の色打掛、袴での「こも樽開き」の余興です。2人の着物姿と会場内に響き渡るカコーンッという気持ちの良い音に当日一盛り上がっていたのを覚えています。こちらもプランナーさんと司会者の方にお勧めされて取り入れたのですが、おめでたい門出を祝うような素敵な演出で、新郎新婦共々すぐに採用した演出でした!

初回の打ち合わせから気に入っていたホテル開業50周年記念限定のメニュー、試食会で私たちもいただきましたが、前菜からデザートまで全て美味しかったです。彩りも良く、高齢の方でも食べやすいよう工夫していただけるとのことで、お料理については安心してお任せできました。あの味が忘れられないのでまた記念日などでお伺いしたいです。デザートのチェリージュビレも珍しい演出、お料理で大変おいしかったです。

旅行が好きな二人です。結婚前にも様々な場所へ旅行に行きました。特に思い出に残っているのはバリ旅行。島ならではの美しい夕日や海に感動の1週間でした。今はコロナの影響でなかなか旅行に出かけにくく、特に海外へはいつ行けるようになるかわからない状況ですが、「これから2人でいろんなところへお出かけしようね」といつも話しています。

結婚式まで何度も打ち合わせを重ね、丁寧に結婚式までの準備を進めていただきました。最初は何から始めて良いかわからず不安でしたが、プロの皆さんにきちんと計画立てていただき、また、ホテル側でご用意していただけることも多く、私たちは曲や小物などのこだわりポイントにじっくり時間をかけることができました。

親族のみの小さな結婚式でしたが、参加した方々全員に「とても良い結婚式でした」と言っていただけました。人生で一番幸せな日でした。スタッフの皆様、本当にありがとうございました!


ラグジュアリー
料理
Wケーキ
アイテム
こだわり

ページトップへ戻る