リーガロイヤルホテル広島のウエディングで、
みなさまに祝福されるおふたりの理想の結婚式を。

Cuisine

料理


「より多くの方々を料理で幸せにしたい」という想いを胸に、特別な1日に至福の味わいと最高のおもてなしを、ゲストの皆様にお届けしたいと考えています。


フランス料理


おふたりの、そしてゲストの記憶に残る、
おもてなしのフレンチ
数多くの国賓をもてなしてきた、リーガロイヤルホテル広島のフランス料理。
素材から吟味したお料理で、ゲストへの感謝の気持ちを、より深く伝えてください。

新ウエディングスタイルの
特別メニュー
『こだわりの4プレート』

ニューノーマルウエディングの特別メニューは、従来のボリュームや華やかさはそのままに4皿で構成。
活きオマール海老の美しいオードブル、牛フィレ肉と甘鯛を一皿で楽しめるメイン料理、
選べるホテルのシグネチャー料理、そして祝福の花が咲いたようなデザートをお楽しみいただけます。
さらに、デザートは追加料金で10種のスイーツビュッフェに変更も可能。
スタッフとの接触回数を減らし、スイーツビュッフェはQRコード読み取りのセルフオーダーで
お好きなだけご注文いただけるので、衛生面も安心です。

シェフ

豊田 光浩

リーガロイヤルホテル
広島 総料理長

豊田 光浩


1986年に株式会社ロイヤルホテルに入社後、宴会調理部やフレンチレストランで研鑽を積み、1999年に海外料理研修のため渡仏。帰国後は、関連事業部である大阪・心斎橋大丸レストランの「ボンボニエール」シェフ、リーガロイヤルホテル(大阪)「ダイニング&カフェ ナチュラルガーデン」シェフ、リーガロイヤルホテル小倉 総料理長を歴任。そして、リーガロイヤルホテルグループ最上級フレンチレストラン リーガロイヤルホテル(大阪)「レストラン シャンボール」シェフを務め、生産者の魂を伝える料理と五感で感じる料理にこだわり、一皿の中で味・見た目の美しさ・全体のバランスを計算した料理を創り出す。

徳久 進

リーガロイヤルホテル
レストラン シャンボール
スカイダイニング リーガトップ
シェフ

徳久 進


島根県出身。日本料理の世界から西洋料理に魅せられて、フランス料理の道に入る。
スイスでの(1年8ヶ月)修業ののち、広島のフランス料理店を経て、1999年リーガロイヤルホテル広島へ。2007年、西洋料理「レストラン ボーリバージュ」、2008年、「レストラン シャンボール」スーシェフなどを務め、2010年5月にシェフに就任。味だけでなく香りを大切に、10数種のハーブを使い味わいに広がりを持たせたモダンフレンチが特長。お客様にも若い世代の料理人にも料理の楽しさを伝えたいという熱い想いを持つ。


日本料理


年齢を問わず愛される、五感で愉しむ日本料理
お祝いの席にふさわしい厳選した素材と彩り美しいコースメニュー。
日本料理の細やかな心配りと美意識が凝縮されたひと皿をゲストの皆様へお届けします。

シェフ

若林 泰男

リーガロイヤルホテル
広島 料理長

若林 泰男


料亭 神戸馳走を経て、福井・芦原温泉の老舗旅館「べにや」の料理長、リーガロイヤルホテル(大阪)和食副料理長を務める。平成22年4月にリーガロイヤルホテル広島「日本料理なにわ」をはじめ、日本料理を統括する和食料理長に就任。


中国料理


伝統と先進が息づく、洗練された中国料理の真髄を吟味した素材のみを使用した、本格的な中国料理。
贅を尽くした食をふんだんに使った、お祝いの席にふさわしい、華やかに満ちた極上メニューをご堪能ください。

シェフ

石中 義美

リーガロイヤルホテル
広島 料理長

石中 義美


中国・四川料理の巨匠 陳建民氏のもとで学び、1990年10月リーガロイヤルホテル入社。リーガロイヤルホテル新居浜を経て1994年4月リーガロイヤルホテル広島「中国料理 龍鳳」副料理長、2005年11月料理長に就任。2017年4月より「Chinese Dining Ryu」料理長。
2013年11月、厚生労働大臣表彰 受賞。2015年5月、中国・中華中医薬学会営養薬膳専 家分会が認定する、営養薬膳師資格取得。2016年5月、中華人民共和国駐日本国特命全権 大使賞 受賞。四川料理の特色を大切にしながらも、その枠を超えた料理にも数多く挑戦中。

ページトップへ戻る